キャリアアップには決断が大切

SEは、比較的キャリアアップしやすい職種といわれており、その理由はプロジェクトごとに仕事が途切れることがあるからだ。
また、ITベンダーなどもプロジェクトごとに、特定の分野に明るい人材を探しているという事情があるため、転職先を探すのも他職種に比べて容易だろう。
しかし、一つのプロジェクトが終われば、また次のプロジェクトと途切れない場合も多く、キャリアアップのチャンスを逃さないということが大切になってくる。

キャリアアップするためには、社内で出世するか、他の企業へ転職するという選択肢がある。
手っ取り早くキャリアアップをしたいということであれば、転職の方が希望に叶うだろうが、もちろん自分のキャリアを活かせるような職場へ転職することが欠かせない。

SEという職種は、他職種に比べて非常に職域が広いのも特徴だ。
自分がどういった知識やスキルを持っているかで次の仕事が決まるといっても過言ではなく、そういう意味では現在どのようなスキルを持っているのかを整理することが大切だろう。
そのうえで、キャリアアップが見込めそうな部署への配置換えを要求したり、転職したりといった行動を起こすことになる。

現在の職場に残るにしても、転職するにしても、これだけはという得意分野を持つことが欠かせない。
わからないことはこの人に聞けば答えが返ってくるとクライアントから思われれば完璧であり、そのような実績を作ってチャンスを待ち、決断する必要がある。